おすすめ!データのクラウド管理計画!

クラウド

スマートフォンの普及によって近年データが爆発的に増えています。
しかしスマートフォンを壊してしまったり無くしてしまったりといったトラブルによって大切なデータを全て失うということになりかねません。
そこで今回はデータを安全に管理する考え方と方法をご紹介します。

理解できること

この記事を読むことによって以下の内容が理解できます。

  1. データの消失が起こった場合はどうなるかの理解できます
  2. データの消失が与える影響を具体例を挙げて説明します
  3. データを失わないための筆者の考える最善策をお伝えします。

気になる方は是非最後まで読んでみてください。

影響

一度消えてしまったデータは元に戻すことはほぼ出来ません。
皆さんの持っているデータに大切なものはありますか。

例えば家族旅行の写真や大切なメモなどが該当します。

実際に消えないとその重大さがあまり理解できないかと思うので一度イメージをしてみてください。

対策への考え方

この問題への対策として筆者はデータをクラウドで管理することを推奨しています。
クラウドサービス上に本来のデータを保存し、スマートフォン などの端末には一時的に保存するためにダウンロードするという考え方です。

メリットはデータを失う可能性が限りなく低くなることです。
反対にデメリットとしてはコストが生じることです。

あなたの大切なデータにいくらの価値があるのかを考えてサービスの利用料金がその価値に見合うかどうか検討してみることが大切かと思います。

筆者はクラウドサービスにDropBoxを推奨しています。
詳しい理由については割愛しますが、何のサービスがいいか迷ったら検討してみてください。

DropBoxの登録方法や基本的な使い方についてはこちらの記事をご参照ください。

これらの方法はデータの強度を大幅に高めることができますが、100%の強度を保証するものではありません。意図せず生じたデータ消失などの責任については負いかねます。

スマートフォンやSSDを搭載したノートパソコンの記憶容量は比較的少ないことが多いです。
そのため全ての写真や動画といったファイルを保存するには容量が足りないことがあります。

DropBoxについて解説されている記事だとよく同期に関する方法の案内があるかと思います。

上記の図はタブレットがデータをクラウドに保存し、別の端末にファイルを同期して利用するというパターンです。
このパターンではストレージのサイズを消費してしまうため全てのデータをクラウドで管理するという目的は達成しにくいです。

そこで提唱したいのがオンデマンド型を活用する方法です。

具体的な対策方法

利用するスマートフォンやパソコンからDropBoxアプリにログインします。

設定画面で画像にある「スマートシンク」の「ハードドライブの容量を自動で節約」をオンに設定します。

「選択型同期」のフォルダを選択を選択し、全てにチェックを入れます。

この設定を行うことでデータをクラウドで管理するということへのハードルが下がり、データをロストさせる可能性が極めて低くまります。

まとめ

データを全てクラウドで管理するということはランニングコストかかってしまい遠慮される方が多いです。
しかし、あなたの大切なデータの価値を考えて利用を検討をしてみてはいかがでしょうか。
もし、やり方など意味のわからないことがありましたらコメントへお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました