意外と多い?借金地獄に陥る人を減らそう!

お金

ネットショッピングの普及などによりクレジットカードで決済を頻繁にするという方もいるかと思います。最近はキャッシュレス化が進み支払いをほとんどクレジットカードなどの電子マネーで済ませている方もいます。
プリペイドではなく後払いで支払っていると陥ってしまうことがある借金地獄を回避する方法について私が知人に紹介した方法をご紹介します。

理解できること

この記事を読むことによって以下の内容が理解できます。

  1. クレジットカードで失敗する理由
  2. 複数のクレジットカードを簡単に管理する方法

気になる方は是非最後まで読んでみてください。

求めること

身近にいる人がクレジットカードで失敗しないように導くことがこの記事の目標です。
もし困っている人がいたら是非当記事を提案してみてください。

構成全体のイメージはこちらになります。
最終的にこのような構成を作ることが目標になります。

押しつけることはよくないので現状の方法に満足している方に対して無理にネットバンキング化を強いることはやめましょう。
改革派であればどんどん提案して効率化を進め、保守派であればゆっくりとメリットを説明したりし本人の意思を尊重した上で提案していきましょう。
「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」です。

クレジットカードを管理することができない人の特徴

私の知人はクレジットカードを使うことを恐れていました。
理由を聞いたところ、使いすぎてしまうことが怖いとのことでした。

クレジットカードの利用額を紙明細を見て初めて知る人

今回の記事で提案して欲しい項目の一つになります。

クレジットカードの利用明細を見て利用額を初めて把握することは現代では難しいです。
そのため私は知人へWEB明細の登録を提案しました。
しかし今回はクレジットカードはあまり使わないとのことで登録は一旦見送りました。

WEB明細の登録をすることによって家計簿アプリと連携をしよりお金の管理を効率化していくことができるので初めの一歩として登録することをお勧めしました。

頻繁に使いすぎたと後悔している人

使いすぎることは誰にでもあります。
実際、私もよく使いすぎて反省することがあります。

使いすぎても支払うことができれば問題はあまりありませんが支払えない場合リボ払いやキャッシング に手を出して借金地獄に片足を突っ込むことになります。
そのため支払いのキャパシティを把握し運用する必要があります。

こちらに関してはMoney Forward MEのカード引落し時の残高不足の通知機能や推移グラフ機能によって把握することができます。
詳しい特徴や使い方についてはこちらをご覧ください。

クレカと一緒に家計簿アプリのマネーフォワードを使いこなそう | クレカのレシピ
クレジットカードは普通に使っても便利なのですが、近年では家計簿アプリとセットで使うのがセオリーとなっています。 家計簿アプリにも幾つかの種類が登場していますが、ここでは一部上場も果たしている最も有名な家計簿アプリであるマネーフォワードを使って、クレジットカードの上手な使い方を見ていきたいと思います。 多機能すぎ...

「今月いくら使ったっけなー」が口癖な人

私の友人の中に「今月いくら使ったっけなー」が口癖の人がいます。
毎月の利用額が把握できていればこのような言葉はないはずですのでうまく管理できていないのではないかと思いました。
無計画で使うことは失敗する原因の一つです。

管理方法が確率できていない人には確率する手伝いをしてあげるとうまく運用できるようになります。
少しずつではありますが、私の友人はMoney Forwardから利用額を確認するようになったとのことを聞きました。

私の考えるベストプラクティス

Money Forward MEによって複数枚のクレジットカードを管理します。
その際はクレジットカードをカード会社のアカウントと連携する必要があります。

また引き落とし用の口座も紐付けます。
口座と連携したダイレクトアカウントの設定が必要になります。
この時の提案はこちらの記事にあります。

Money Forward MEで負債などを管理する場合は有料のプレミアムプランに加入するとより便利に扱えるため加入をお勧めします。
なんでも無料で使おうとすると却ってコストが高くなることがあります。

プレミアムサービス機能比較表|マネーフォワード ME
マネーフォワード MEの無料会員とプレミアム会員の機能比較です。プレミアムサービスは30日間無料でお試しできます。

同じカード会社のカードを複数枚連携すると管理がうまくできなくなります。
具体的にはカード引き落とし額の計算が不完全になります。
以下が問い合わせた時の返答になります。

大変恐れ入りますが、1つのクレジットカード会社にて複数のカードをお持ちのうえで、引き落とし履歴が合算した1件の履歴となっている場合、現時点では、それぞれのカードと該当の引き落とし履歴を紐付けることができない仕組みでございます。
「振替」をすることで、2枚のうち1枚のカードを銀行口座と紐付けることは可能でございますが、すべてのカードを同一の銀行口座に紐付けることに対応ができておりません。

マネーフォワード サポート窓口 

このケースに当てはまる場合は教えてあげてください。

まとめ

借金の管理ができない人は現に今のやり方がよくないということなのでこの機会に管理方法を見直してはどうでしょうか。

コロナウイルスの世界的な流行をきっかけに生活様式が変わったように、ドコモ口座からの不正出金事件をきっかけにネットバンキングに移行してくれる人が一人でも増えたら良いと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました