メールは監視されている!?個人情報を守る方法

プライバシー

メールはあなたのショッピングサイトの購入履歴やサービスのワンタイムパスワードといった重要な方法を扱います。
一部のメールはこれらの情報を集めてマーケティングに利用したり販売したりしています。
そこで安全に利用できるFastMailと言うサービスをご紹介します。

理解できること

この記事を読むことによって以下の内容が理解できます。

  1. メールサービスの知るあなたの情報
  2. メールが知られて受ける影響
  3. プライバシーを守る方法

気になる方は是非最後まで読んでみてください。

メールプロバイダーはあなたを知っている

ここではメールサービスを提供している事業者をメールプロバイダーと呼びます。
他に適切な呼び方があったら教えていただけると助かります。

メールボックスを見るとショッピングサイトでの領収メールやログイン通知などといったメールがあると思います。
メールで誰かとやり取りをする場合はそのやり取り内容などもあります。

これらの情報はメールプロバイダーが内容を読むことが出来ます。
Googleのプライバシーポリシにこのような記述がありました。

また Google は、お客様が Google のサービスを利用した際に作成、アップロード、または他のユーザーから受け取ったコンテンツも収集します。これらの情報には、お客様が送受信したメール、保存した写真や動画、作成したドキュメントやスプレッドシート、YouTube 動画に投稿したコメントなどが含まれます。

https://policies.google.com/privacy?hl=ja#infocollect

情報収集を悪いことと言うつもりはありませんが、事実としてGmailの送受信内容は全てGoogleに収集されていると言うわけです。

被害が出るわけではないため収集されても問題ないという方についてはそのままでも大丈夫です。

個人情報を取り戻す

個人情報を収集して利用されることに抵抗を覚える場合はどうしたらいいのでしょうか。

結論としてはメールプロバイダーを変更することになります。
なので既存のメールアドレスは利用できなくなります

大切な情報を扱うメールは移行に関して捨てるなければいけないものがあるため覚悟が必要になります。
具体的にどのような覚悟が必要になるかというと

  • メールアドレスが利用できなくなる

という大きなデメリットがあります。
そのため該当のメールアドレスを利用してるサービスに対してメールアドレスを変更する必要があります。

私は半年ほど前に覚悟を決めてGmailとは決別しました。

プライバシー優先のメールプロバイダー

俗に言うフリーメールとは利用者のメール内容をマネタイズして運営しています。

プライバシーを守るということはメールプロバイダーに個人情報を利用しないということになります。
そのため個人情報の代わりに対価を支払う必要があります

多くのメールプロバイダーは有料になります。
その代わり利用者のプライバシーは守ってくれます。

数あるメールプロバイダーの中でも特におすすめしたいのがFastMailになります。

詳しい導入方法についてはこちらの記事をご覧ください。

FastMailをお勧めする理由

私がなぜFastMailをおすすめするかというとプライバシー界隈で有名やDuckDuckGoのブログで紹介されていたためです。

こちらの記事はおすすめなのでぜひ読んでみてください。

How to Live Without Google: Alternatives That Protect Your Privacy
Google tracking is more pervasive than most people realize. We show you some alternatives to Google services to limit your exposure.

まとめ

メールとプライバシーには密接な関係があり管理を手放しに任せているとあらゆる場所からあなたの個人情報が知られていってしまいます。
できることから順番に対策をしていき個人情報を取り戻しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました